シナンジュとユニコーン(デストロイモード)の評価

ここでは、「シナンジュとユニコーン(デストロイモード)の評価」 に関する記事を紹介しています。
ガンダムデュエルカンパニー攻略記事の目次ページ
他のカード評価 編成攻略 検証記事などは此方からどうぞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この2つに関しては某wikiにページ作って書いていたのだが、結局他にまともに書かれてない
そのwikiが俺以外にまともに書かれないことがこのブログを始めた理由でもあるんだが
というわけでサクっと自分が書いた部分を持ってくる 



 G01_M001_f.jpg 

 

お値段が一番高いデスコーンさんは果たして


・R6 ユニコーンガンダム(デストロイモード)
名称数値評価備考
HP16A全体1位
AT18S全体2位
AM17A全体1位
SP18S全体2位 ミドル1位
合計69S+全体1位
対コスト比7.7D-
個人的評価-S-


・カード寸評

第01弾の4機のR6MSの一つ。
ステータス的には全MS中HPとAMが1位で最も硬く、ATとSPは2位。
ステータス合計は69と差をつけての1位と非常に優秀。
 
ATではシナンジュには劣るものの、武器の特殊効果がシナンジュ以上に発動しやすいので火力は最高位と言っても良い。
速度も2位ではあるが、ミドルレンジでは単独一位である。
 
攻防速とすべてが揃っている為、特に言うことがないのだが一つ大きな欠点を持っている。
専用パイロットのバナージはHP200以下になると能力が上昇するというアビリティを持っている。
一見、デスコーンが硬いので発動しやすくて良いシナジーなのではと思いきや
大抵のプレイヤーは攻撃方針を「ダメージ重視で敵を狙え」にしている為、硬すぎてそもそも殴ってくれない。
レンジがフロントならば壁に使ったり色々できるのだが、ミドルレンジではバナージのアビリティも宝の持ち腐れである。


・編成

SPが18で同速度がいないため単独で配置したくはあるが、ミドルを一機だけにすると必然的にフロントかリアに皺寄せが行く。
そして18以上のSPはエクシア(トランザム)しかいない為、リアに2~3機配置するしか無い
それが嫌ならエルストを一緒に配置するという手がある。
ラインのSPが17になるがどうせ17を超えるフロントはエクシア(トランザム)しかいないので同じ事、ミドルでもデスコーンにしか負けない。
更に妥協するとアストレイレッドフレームかG-3を配置するという手もあるが、これだと途端に同値で速度負けする機体が増えるので注意。
(フロントではシナンジュ&ブリッツが16)


--------------------------------------------------------------------------------


G01_M002_f.jpg 

R6 シナンジュ
名称数値評価備考
HP16A全体1位
AT19S+全体2位
AM15A全体1位
SP16A全体2位 ミドル1位
合計66S+全体1位
対コスト比7.3D-
個人的評価-S-


・カード寸評

第01弾の4機のR6MSの一つ。
ステータスだけを見ると全MSの中でATは最高値になっており、逆にSPはR6の中でも最下位となっている。
攻撃力が高くビームアックスの特殊効果の発動条件も満たしやすい為火力は全MS中最高と言っても過言ではない。
一方で単体では防御面はR6のフロントレンジとしては物足りないかもしれない
しかし、専用パイロットのフル・フロンタルが一回だけ絶対回避を持っているので、彼を乗せると防御面でも随一となる。
SPは同じR6に比べると低く、エクシア(トランザム)と比較すると3も差があるため大きく劣るように見えるが
フロントレンジ同士で比べた場合16を超えているのはエクシアだけなので実質的に2位である。
またエクシアに先手を取られるという事は相手のフロントラインがエクシア単体である事が殆どなので、フル・フロンタルの回避能力でやり過ごせる。
SP16はR6MSの中で唯一同速度のMSが存在し、特に同レンジのブリッツとは組ませやすい。
ただこれは逆に言えば相手のブリッツに先手を取られる可能性もある事になる。
と言ってもブリッツを単体で置くというのはシャアの効果を全体に適用させる時以外はあまり無いので、結果的にSP的に警戒するのはシナンジュかエクシア(トランザム)だけである。
 
総括すると攻撃面は非常に優秀であり、防御面・速度面も優秀なオールマイティなMSである。
 
欠点を上げるとしたら装備している武器がビーム兵器・実弾兵器・格闘武器と揃っているため、相手の特殊効果の対象になりやすい。
同じシナンジュやデスコーンには注意が必要である。


・編成

寸評にもある通り、同速度のブリッツと組ませやすい。

R6MS小隊同士を戦わせた場合、シナンジュがいないほうが有利ということもあり得る。
シナンジュ込で小隊を考えた場合、フロント:シナンジュとエクシア(トランザム) ミドル:エルスト デスコーンという構成になるが
これからシナンジュの代わりにリアにデュナメスかバスターを置いた敵小隊と戦うと、シナンジュのSP16が足を引っ張り敵のミドル(SP17)まで動いてしまう。
結果的に此方のエクシアかシナンジュが倒されてしまう事が起こりえる。



アクセスランキング
ブログパーツ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuma2ch.blog75.fc2.com/tb.php/2-bd635bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。