ガンダムMk-Ⅱ 1号機(ティターンズカラー)の評価

ここでは、「ガンダムMk-Ⅱ 1号機(ティターンズカラー)の評価」 に関する記事を紹介しています。
ガンダムデュエルカンパニー攻略記事の目次ページ
他のカード評価 編成攻略 検証記事などは此方からどうぞ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G01_M007_f.jpg

唯一のゼータ勢
MS自体は優秀

・R5 ガンダムMk-Ⅱ 1号機(ティターンズカラー)

名称数値評価備考
HP15A-
AT14B-
AM15A-
SP15Aフロント3位
合計59A-
対コスト比8.4C-
個人的評価-B-


・カード評価
すべてのステータスが必要な分揃っている優等生。
特にSP15はフロントの中では3位と優秀で硬さも十分。
ATが若干低めではあるが、武器の特殊能力が「3ターン目まで攻撃力上昇」と非常に汎用性が高い為ATがの低さを補っている。
ただ、現環境では専用PLが未実装なので総合的な火力にはどうしても劣ってしまうのが欠点だ。
エマの能力次第では今後化ける可能性は十分にある。


・編成
エルストと同じように汎用性が高いのだが、こちらは速度のせいで少々編成には迷うところである。
オーソドックスな編成としてはシナンジュ ブリッツ等のSP16と一緒に配置することだろう。
これによってラインSPは15に落ちてしまうが、それでも結局先手を取られるのはシナンジュとブリッツとエクシアの3機だけである。
なによりmk-2の対抗馬とも言えるイージスに先手が取れるのが大きい。

または同じように3ターン目まで効果のあるイージスと組ませるというのも手だろう。
一緒に第一小隊に配置すればコストに対して高火力が得られる。
ただこの場合は先述の構成等、SP負けする場合が少々増えてしまうのが難点だ。

PLの選択肢も豊富だ。
単純に高Rで能力の強いPLを載せてもいい。
先手が取りやすいのでドズルを載せて全体の火力向上を図るのもいいだろう。
第一小隊に囮戦法を使って、第二小隊を2ターン目に持ってくるならばシャアを乗せても良い。
マツナガを乗せて火力向上させるのもありだろう。



アクセスランキング
ブログパーツ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuma2ch.blog75.fc2.com/tb.php/11-fe3c34d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。